エネループ電池とは?

よくあるご質問

 バッテリータイプ

Eneloop充電池は充電式のNiMH電池です。これは自己放電が非常に少ない特性で知られています。この充電池が世界の他のどのNiMHまたはNiCD充電式電池よりも長く充電を維持できることを意味します。これに加えて、この充電池は他社製品よりも多くの電力を生み出すこともできます。

SANYOは、2005年に新しい充電池をeneloopという製品名をつけることを決定しました。 ene =エネルギー、loop =サイクル。エネルギーがリサイクルできることを意味します。あるいは、企業独自の言葉で「再充電可能なエネルギー」と呼んでいます。

SANYO2005年にEneloopバッテリーのメーカーとしてスタートしました。Panasonic5年後に三洋電機を買収し、2013年にPanasonicSANYOエネループをPanasonicエネループに変更することを決定しました。

スタンダード

れが一番人気です。

スタンダードの白いモデルは、ほとんどすべての種類のアプリケーションで使用できるためです。例として大きな電力を使う懐中電灯やラジコンカーなどの非常に高い放電電流を処理することもできます。 2100のライフサイクルレーティングと組み合わせると、スタンダードモデルで問題が発生することはありません。 単3の最小容量は1900mAh、単 形電池の最小容量は750mAhです。

懐中電灯、ラジコンおもちゃ、カメラ、カメラフラッシュ、ラジオ、MP3プレーヤーなどに最適です。

エネループライト (Eneloop Lite)

ライトのセルは3000回(日本モデル)または5000回(中国モデル)の充放電が可能ですが、単3は950 mAh、単4550 mAhとかなり低容量です。時計、アラーム、リモコンなどの低消費電力デバイスに使用するのに適しており、加えてライトはDECT方式の電話に推奨される唯一の充電池です。 (スタンダードのエネループも推奨されることがありますが、ライトセルの方がはるかに理にかなっています)。 DECT方式の電話機は通常、連続トリクル充電を行う充電クレードル内にあるため、スタンダードとプロは推奨されません。 LSDバッテリーは一般的にはそうではありませんが、この種の機器を使用するにはライトがよいでしょう。

エネループプロ (Eneloop PRO)

プロはハイエンドモデルと呼ばれています。 LSD定格が1年間で85%と最高の容量を誇ります。高容量セルであるため、スタンダードのEneloop2100ではなく、500回しか充放電ができません。 さらにパワーと容量が必要な場合は、プロが必要です。特に複数のセル構成では必要になります。 4つのバッテリーを並行して使用すると、並行して使用される4つのスタンダード」セルと比較して、1つのスタンダードセルの容量が増えます。

プロは、懐中電灯、カメラのストロボ、その他の大きな電力が必要なデバイスに強く推奨されています。

プロは、DECT方式の電話または連続充電電流を備えたその他のデバイスには推奨されません。

プロ充電池を購入する際に気を付けなければいけないもう1つのことは、スタンダードよりも若干幅が広く、フィットしない可能性があることです。微妙な差なので、気づかない人も多いです。SANYOは、単3からDサイズのスペーサー(NCS-TG-D)には適合しないと言及しています。最新のPanasonicアップグレード(BQ-BS1E)でこれを変更した可能性があります。プロのバッテリージャケットは損傷しやすいので注意が必要です。

はい、そうです。また日本国内のみの販売です。

パッケージには、110年後でも残容量約70%保持と記載されています。これはどういう意味ですか?

これをバケツの水と比較してみましょう。

単3スタンダードのeneloop充電池の容量は1900mAhです。 (これを10リットルの水のバケツと比較してみましょう)。

10年間の保管中に、Eneloop充電池はゆっくりとその充電量を失います。 (これをバケツから蒸発する水と比較してください)。

10年経っても、バッテリー内には70%の充電が残っています。これは1900 = 1330mAhの70%です。 (10年後、30%が蒸発したため、バケット内にはまだ7リットルの水が残っています)。

10年後も、このバッテリーから1330mAhを使用できます。 (まだ7リットルの水を使用できます)。

バッテリーを再びフル充電すると、1900mAhの容量に戻ります。 (あなたがバケツに水を入れた場合、再び10リットルを入れることができるというわけです。)

誤解:

充電池を完全に充電してそのまま放置してから10年後、バッテリーの寿命は本来の容量の70%まで低下するため充電池を充電しても、フル容量の70%までしか充電できないというわけではありません。充電池を再度充電すると、フル充電容量に戻る可能性があります。したがって、スタンダードの単3エネループの場合は1900mAhを意味します。

注:充電池は、内部抵抗などにより、充電池をフル充電容量まで回復させるためにリフレッシュ/ブレークインが必要になる可能性があります。また、これはEneloop充電池にのみ関連しています。他の充電池はこの品質構造を持たず、容量が低下している可能性が非常に高いです。

違いはありません。 1900mAhはスタンダードモデルの最小容量ですが、2000 mAhは標準容量です。Panasonicは、2013年頃からパッケージの標準的な容量の表示を止めました。

SANYOもPanasonicも、9V eneloop充電池を製造または製造していません。 9Vのeneloopミュージックブースターもあります。

保管、安全、取り扱い

最高寿命を保持するために、それらは、5〜15℃程度の涼しい場所に約20-30%の充電が残っている状態で保管するのが良いです。最初は50%まで充電してから少し放電するのが最善です。 40%まで充電して止めないでください。放電が少ないと、バッテリーの充電がさらに長く持続するためです。これはよく知られていることですが、なぜこれが有効なのか明確ではありません。

緊急用に保管したい場合は、デバイス自体が充電池を放電しない限り、懐中電灯やその他の緊急装置に保管することができます。電源スイッチを持つ懐中電灯の一般的な問題は、充電の減りです。その場合、懐中電灯が電池を放電しないようにロックアウトすることをお勧めします。

損傷しにくいので、メーターからの落下はそれほど問題ではありません。 1mの落下テストも内部テストの一部であり、キャニスターが損傷していない限り、実際には問題になりません。

テクニカル

0.8Vと0.9Vへの放電の違いは、サイクル寿命のわずかな違いにすぎません。そして、放電が深ければ深いほど、内部抵抗は時間とともに上昇します。特定の電圧でのサイクル寿命の何%が損失などの点を証明する実際のテストデータはありませんが、ディープ放電はサイクル寿命を短くし、1%になる可能性もありますが、

もっと上がることもあります。最も重要な要素は、完全に放電された状態がどのくらい続くか、そしてその放電の深さです。

アルカリ電池を使用しているので、破損した場合に液漏れしやすいです。 Eneloopの場合も充電池から液体が漏れ始めると悪い兆候ですが、それでも機能する可能性があります。したがって、最善の方法は、それを放電して、まだ利用可能な容量を確認することです。

プラスチック製のバッテリーラッパーがしわが寄ってバッテリーの金属部分が露出したままになっていることに気付いた場合、Eneloopが短絡しています。修理できないほど破損しています。あなたはそれを投げることができます。

いいえ、物理的に不可能です。

どの様にeneloop充電池を充電しますか?

Scroll to Top